授業中

努力の方向

パソコンで調べる

実用英語検定、略して英検は昔から英語の実力を計る試験として定着しています。英検は5級から1級まで7種類の級があるので小さい子から大人まで年齢に関係なく受検することができます。受検対策には様々な方法がありますが、まずはどんな問題が出題されるのか、過去問が市販されているので購入して解いてみましょう。3級以上からは二次試験に英語での面接があり、筆記の勉強だけではこの二次試験を合格することが難しいです。多くの受験生が二次試験で不合格になってしまうので、英検対策イコール二次対策といっても過言ではないでしょう。面接は相手が必要なので英会話スクールなどで対策してもらうのがひとつの方法でしょう。たくさんの英会話スクールでは英検対策のレッスンを設けているので利用するのがおすすめです。

英検対策コースのあるスクールでは筆記試験対策と面接対策を重点的に行なってくれます。筆記試験で七割近くとれないと一次試験を合格することができないので筆記試験の過去問中心に自分の不得意分野を学習するといいでしょう。英検対策に欠かせないのは自分の弱点を知ることです。英検対策のコースでは早くに自分の弱点を知り、その部分を重点的に勉強することができるので、自学自習で学習のポイントがわからなくなっている人には合格への近道になるでしょう。面接対策はやはり過去に出題されたトピックから、また今後の傾向を含めて指導してくれます。普段英語を話す機会のない人にとって声を出し、会話をすることができるスクールは面接対策にとてもいいでしょう。

変化している学校

パソコンを使う

英会話スクールの形は様々あります。カフェで開かれる場合もあり好きな雰囲気の中で学ぶことが可能です。レベルを上げるためにも英会話スクールへ通い多くのことを吸収しましょう。

有利な検定

ホワイトボード

世の中にはたくさんの検定試験が存在していますが、中でも取っておいた方がいいとされる検定の一つに、「英検」があげられます。それにより、さまざまな英検対策も存在しています。

様々な工夫

生徒

英語が世界の共通語となり、日本では小学校や中学校、高校などで語学教育への取り組みが行われています。幼児向けの英語教材も増え、家庭でも小さいうちから英語を子供に学ばせる親が増えています。